モンティ・ホール問題 Simulator

概要

このページでは、Web上で実行できる「モンティ・ホール問題」のシミュレーターの機能を提供しています。 自分で考えながらゲームを行うこともできますし、条件を固定して 多くの回数を繰り返し高速で実行し確率を算出することもできます。

「モンティ・ホール問題」は「直感で正しいと思える解答と、 論理的に正しい解答が異なる問題」といわれます。

※念のため書いておきますが、このページのシミュレーターは確率の操作をしていません。完全なランダムです。

ルール

モンティ・ホール (Monty Hall) が司会を務めるゲーム番組に、 あなたはプレーヤーとして参加しました。 3つのドア「A, B, C」に「車、ヤギ、ヤギ」がランダムに入っています。 最後に車が入っているドアを選ぶと車がもらえます。

  1. プレイヤーはドアを1つ選ぶ
  2. モンティはプレイヤーの選ばなかったドアの2つうち、ヤギの入っているドアを1つ開ける
  3. モンティはプレーヤーにドアを選びなおしてよいと言い、プレイヤーは最終的な選択をする
  4. モンティはすべてのドアを開ける

※2.でモンティが当たりのドアを開けることはありません。

このとき、

  • 3.でプレイヤーがドアの選択を変えない場合と変える場合のそれぞれの確率は?
  • 選択を変えない場合と変える場合でどちらが有利でしょうか?
  • あなたは選択を変えますか、変えませんか?またその理由は?

「モンティ・ホール問題」シミュレーター


試行回数0
当たり回数0
当たり割合(%)-

自動テスト

試行回数

最初のドア選択で 選択する
選びなおしチャンスで選択を
処理待ち時間
  • 高速・超高速だと、端末の性能により描画が追いつかない事があります
  • 「処理待ち時間」は実行中に変更可能です。変更した場合、次のゲームから有効になります
  • ゲームを手動で途中まで進めている場合には、自動実行を開始できません。 自動実行させたい場合には、ゲームを一通り終えた状態 (ドアがすべて閉まっていてかつ一つも選択されていない状態)にしてください

よくある誤答

3.の時点ではドアが2つあってどちらか1つが当たりなのだから、 どういう経緯があったかにかかわらずどちらを選んでも1/2だ。

考え方

まずドアが3つあるので、1.の時点で車を引く確率は1/3です。 そして、2.では100%必ずヤギのドアを開けるので、確率に影響しません。 つまり、3.で最初のドアを選択したままならば確率は1/3だということです。 ということは選び直した場合の確率は2/3ということになります。 …どうでしょう。納得できませんか?

次のように考えてもいいと思います。最初にAのドアを選んだとします。 選び直すとBとCの2つのドアを開けることができます。 Aだけにしますか、B+Cにしますか…。この場合にはさすがに 選びなおさなければ1/3、選びなおせば2/3ということは容易に分かるでしょう。

最初に選ばなかったドアは2つあって、そのうち1つは必ずヤギが入っています。 このヤギが入っていると分かりきっているドアを2.で開けているだけなので、確率には影響しないのです。 すなわち、3.で選びなおせばドアを2つ開けるのと同じ効果が得られるのです。…伝わりますか?

…上記の説明を読んでもまだ納得できない方もおられると思います。 この問題は数学博士でさえ間違えた問題なので、容易には納得しがたいのは当然です。 そんな方は上記のシミュレーターで実際に試してみてください。

補足

コメント

ドアの画像は素材サイト (http://freedesignfile.com)からお借りしました。ライセンスはCreative Commons3.0です。

問題の本質と関係ないことですが、ヤギだとそれなりの当たり景品にも感じてしまう人も居るかも知れません (少なくとも私はそう感じる)。ですので、ヤギをタワシに置き換えて考えるといいかもしれません。そして車はパジェロか海外旅行で。

関連

ちょこっとアンケート&メッセージ

このページに関するちょっとした感想または、要望、バグ・間違いの指摘、 質問・その他お問合せ等は、下記の送信欄からお送りください。 返信をご希望の方は「こちらのページ」からメッセージをお送りください。

「このページはお役に立ちましたか?」のアンケートとメッセージのどちらか一方でかまいません (両方書いていただけるとよりうれしいです)。お気軽にご利用ください (感想・フィードバック・どんな用途で使用したかなどをいただけると作成・運営の励みになります!)


このページはお役に立ちましたか?