当選確率計算機

繰り返し挑戦して1回以上当選する確率を計算します

1回あたりの当選確率 /
繰り返し回数
丸め処理
sample

概要

1回あたりの当選確率と繰り返しの回数から、1回以上当選する確率を算出します。

計算式は「1 - (1 - 当選確率) ^ 回数」です。「1 - 当選確率」がハズレ確率で、 それを繰り返し回数分かけることで、ハズレ続ける確率が算出できます。そして最後に 1から「ハズレ続ける確率」を引けば、「ハズレ続けなかった確率」 つまり「1回以上当たる確率」が算出できます。

補足

コメント

2015年のサマージャンボ宝くじ。1枚300円、1等5億円・前後賞1億円、2等1000万円。 それ以外は1等組違い・3等はともに10万円、4等3000円、5等300円。高額当選といえるのは2等以上です。

ここから計算しますと、300万円を使い1万枚購入したときの高額当選の確率は0.698%となりました。 50%以上の確率で高額当選をするために必要なのは100万枚、つまり3億円ということが分かりました…。 宝くじの確率は考えない方がよさそうですね…。

関連

ちょこっとアンケート&メッセージ

このページに関するちょっとした感想または、要望、バグ・間違いの指摘、 質問・その他お問合せ等は、下記の送信欄からお送りください。 返信をご希望の方は「こちらのページ」からメッセージをお送りください。

「このページはお役に立ちましたか?」のアンケートとメッセージのどちらか一方でかまいません (両方書いていただけるとよりうれしいです)。お気軽にご利用ください (感想・フィードバック・どんな用途で使用したかなどをいただけると作成・運営の励みになります!)


このページはお役に立ちましたか?