UNIX時間変換ツール

UNIX Time Converter

入力形式



UNIXエポックからの

概要

UNIX時間と日時文字列を相互に変換します。

補足

コメント

1日で8万6400、1年(365日)で3153万6000増えます。

UNIX時間とは1970年1月1日午前0時0分0秒(UNIXエポック(=起点))からの経過秒数のことです。 ただしUNIX時間では閏秒は考慮しないため、実際の経過時間とは差が出ます。 とはいえ、多くのシステムでは1分間を0秒から59秒までの60秒間でしか表現できないため、 正しい経過時間を使うと不都合が生じてしまうので、計算上のUNIX時間を使うほうが都合がいいのです。

UNIX時間は、ブラウザにキャッシュされるのを防ぐために、URLパラメーターに付加したり、 操作時刻の記録のために使用することもあります。私の場合、「14」あるいは「15」で始まる 10桁くらいの数字の羅列があったらUNIX時間かもしれないと疑い、変換して確かめています。

JavaScriptではミリ秒まで含めて表現しており、通常より3桁多い値になります。

変換例

  • 2017/01/01 00:00:00 → 14億8319万6400
  • 2018/01/01 00:00:00 → 15億1473万2400
  • 2019/01/01 00:00:00 → 15億4626万8400
  • 1000000000 → 2001/09/09 10:46:40
  • 1400000000 → 2014/05/14 01:53:20
  • 1500000000 → 2017/07/14 11:40:00
  • 2000000000 → 2033/05/18 12:33:20
  • 10000000000 → 2286/11/21 02:46:40

関連

ちょこっとアンケート&メッセージ

このページに関するちょっとした感想または、要望、バグ・間違いの指摘、 質問・その他お問合せ等は、下記の送信欄からお送りください。 返信をご希望の方は「こちらのページ」からメッセージをお送りください。

「このページはお役に立ちましたか?」のアンケートとメッセージのどちらか一方でかまいません (両方書いていただけるとよりうれしいです)。お気軽にご利用ください (感想・フィードバック・どんな用途で使用したかなどをいただけると作成・運営の励みになります!)


このページはお役に立ちましたか?